Out of Far East

東アジアの文化歴史の個人的覚書

アジア図書館と留学生

若い頃、スタッフとして働いていた市民団体が運営するアジア図書館は、夕方から夜にかけてアジア各国から来た留学生を講師に迎え、「アジア図書館のアジア語学スクール」をキャッチフレーズに少人数の語学教室を運営していた。

今もそれは続いているが、規模は少し小さくなっていると想像する。

大阪の人気のある住宅地が多い北摂地域や梅田、神戸、京都にも阪急電車で繋がっていて、通勤、通学途中の下車で通うことができるので、駅前の小さなビルはアジアの留学生や語学を勉強しながら交流を求める人たちが集まったものだった。

1990年前後、生徒数はピーク時で400人ぐらいはいた。

昼間開設していたアジア図書館の閲覧コーナーをそのまま教室として使うので、蔵書に囲まれた知的雰囲気は民間の語学教室にはない特徴だった。

それはそれはユニークな空間だった。

 

こういうところに来る人のほとんどは学生か安定した職につく社会人なので、休暇を利用してアジア各国へ旅行する人が多かった。

あの頃は圧倒的に東南アジアが若者を引きつけていたように思う。

旅行をきっかけに語学を学びたい、留学生と交流したいとこんな小さな場所に足を運んでくれた。

 

留学生はほとんど日本の文部省が学費や生活費を負担する国費の留学生だった。

運営する側はお金がないし、集う市民からも安い料金で場を提供していたので、経済的に困らない国費留学生はありがたかった。

彼らは安い講師料にもかかわらず、喜んで引き受けてくれた。

そして自分が勉学を終えて帰国するときには後輩の国費留学生を連れてきて引き継ぎをしてくれたので、こちらは人材確保の心配がいらない。


彼らはみな本国でむずかしい選抜試験を受けて合格して来ているので、優秀で、穏やかな性格や身についたマナーは育ちのよさを感じさせる好青年が多かった。

なかには第一志望のアメリカ留学に落ちたので日本に来たという人もいたが、彼らに親しみを持って接する市民が多いので、みな日本人に対して好意的な感情を持っていたと思う。  
 
特に東南アジア、南アジアからの国費留学生は知的エリートとして、帰国後はそれぞれの研究分野での活躍が期待されるような人材と写った。

国費留学生の住宅は留学生会館と呼ばれるような施設があるので、住宅を探す際の家主とのトラブルはない。

彼らは間違いなく知日家、親日家と呼ばれる存在になっていると思う。

国費留学生にかかる経費は、親日家やビジネス関係のかんたんな通訳を育てていると考えると高いものとは思わなかった。

将来の投資なんだと私は考えていたが。


韓国や台湾、中国については、私費の留学生も多いという印象を受けた。

同じ資本主義社会の韓国、台湾については、本国の親元からのある程度の送金が期待できる一定層以上の家庭出身と想像はできた。

しかし中国からの留学生については、未だにどうやって物価の高い日本での学費や生活費を捻出していたのか不思議だった。

現在とは違い、当時は富裕層なんて言葉も知らなかったし、ショッピング目的で観光地に怒涛のように押し寄せる中国人なんて想像もできない時代だった。
ときおり、したたかな人が多かったと好意的に思い出している。