Out of Far East

東アジアの文化歴史の個人的覚書

上海の目覚めた人々と北伐の準備 『偉大なる道』第5巻①ー1

 1926年の7月中旬のある日、朱徳は上海の共同租界の街路を用心深く歩いていた。ゆき先は、租界に接する閘北という中国人街で、そこでは、全中国の労働組合共産党と国民党が、地下の本部を維持していた。彼は、すでに一度、共産党の書記長陳独秀と会見していて、そのとき陳は、彼に対して、軍事情報の責任者である国民党員および共産党員と協議をしてくれるように頼んだ。南方の革命軍はすでに広東を出発して北伐を開始していて、朱徳の長年にわたる軍人関係は、何かの役にたつだろう。

 

 街をゆきながら、この4年間に中国におこった大変化について、身にしみて感じた。かつて国民党員を軽蔑していた外国人は、いまは恐怖と憎悪をいだいている。彼らは、広東の革命政府の軍を「過激派の暴徒」「無政府的な乱賊」などとよんだ。また、北伐軍の司令官蒋介石を、「過激派」でありロシア人軍事顧問団の傀儡(かいらい)であるといった。共同租界とフランス租界で発行される華字新聞は、きびしい検閲を受け、大衆の集会どころか小集会まで禁止され、中国人の家は踏み込まれ、人びとは監獄に引かれていった。

 

 彼は、街を歩くとき、イギリス人警察官が、電柱の国民党のビラをはがしながらののしっているのをみて、にやりと笑った。さらにゆくと、ほかの警察官が、中国人警官に、刷毛とペンキ入りのバケツを持たせて、壁の国民党のスローガンを白く塗りつぶさせていた。毎日、スローガンは洗いおとすか塗りたくられるが、毎朝、全市の壁には新しい字がおどっていた。いや、スローガンは、路地の地面にも、商館の窓にも、外人の自動車にすらも、チョークで書かれた。

 4年前に、彼が中国を去ったころには、中国人は白人の優越を容認して、貧しいものたちは、外人に舗道から蹴飛ばされながら、ぺこぺこしていた。いま、中国人は肩をはって堂々と歩き、外人の顔を正面から見すえていた。まだ労働組合は非合法だったけれど、工場労働者は組織をもち、賃金はあがっていた。その一銭の賃上げにも、多くの男女や少年の生命の犠牲がはらわれていた。朱徳が国を去ったのちにも、国内の多くの都市で、中国人は外国人の手にかかってのたれ死にしたが、そのしかばねをこえて、新しい中国人がたちあがっていた。そして、今こそ、軍閥と外国人支配の最後の闘争段階に入ったと思われた。