Out of Far East

東アジアの文化歴史の個人的覚書

朱徳と毛沢東のはじめての会合 『偉大なる道』第6巻⑤ー1

 たたかっては、ひきあげ、たたかっては、ひきあげながら、朱徳軍は東方へ撤退していった。5月の第1週、彼らはレイ県地区に野営して、井岡山へのぼってゆく準備をした。毛沢東とたたかってきた江西省の国民党軍は、そのころ、レイ県の主な役場の所在地を占領していた。この連中が湖南省との通信連絡線を破壊してしまったので、毛沢東は、連絡ルートを再開するために、井岡山から一挙に攻めくだった。毛沢東は二個大隊をひきいて、みずからレイ県の朱徳に会いにやってきた。

 

 土地革命の2つの主流が結びつく、このささやかな会合こそ、中国史上最大の出来事のひとつとなった。朱徳は、毛沢東を見たことはあったが、秘密会議のさい、うす暗い部屋のなかでながめたにすぎなかった。だから、ふたりは、まだ実際に会ったことはなかったといえる。レイ県ではじめて会合したときから、ふたりの男の全生活は、渾然一体になり、あたかも、ひとりの人間の両手のようになった。その後数年間、国民党や外国の新聞は、このふたりを「紅匪の頭目、朱毛」と書きたてたり、紅軍のことを「朱毛軍」とよんだりした。

 

 このふたりの男には、驚くほど似ている点がたくさんあったが、同時に、大きな違いもあった。毛は、朱より10歳若く、現在(1937年)42歳だ。ふたりとも、学校教育を受けた農民の出身で、1911年の革命以来、あらゆる革命闘争に参加してきた。毛は大「五・四運動」で指導的役割を演じたが、その当時朱徳は、運動の外側にいて、四川省軍閥の泥沼のなかで混乱し、もたついていた。毛は、湖南省最初のマルクス主義研究会を組織し、共産党を創立した第1回党大会の代議員になった。その後毛沢東は、主要な党指導者のひとりになり、さらに国民党中央委員会の委員にもなった。彼は、強い迫力と洞察力をもった文筆家であり、時には詩人でもあった。