Out of Far East

東アジアの文化歴史の個人的覚書

国民党軍による第二次掃共戦 『偉大なる道』第8巻③ー1

 5月のはじめに、南京政府の軍政部長何応欽を最高指揮官とする15万の国民党軍は堡砦線の後方の陣地についた。その堡砦線は、そのときには、西は吉安から東は福建省建寧まで、ジグザグに江西省を走り、その長さは約7百里、つまり約250マイル(400キロ)に及んでいた。こうして第二次掃共戦が開始された。

 

 朱将軍は、平然と、紅軍はこの敵の堡砦線についてのすべてを知っていたといった。つまり、構築のために強制労働させられた農民が、そのあり場所を告げたばかりでなく、その濠はどのくらい深く、それぞれの堡砦(ほうさい)がいくつの銃眼をもち、それぞれどのくらいの煉瓦と石が用いられたかなどまで説明し、さらに、地面に略図をかいて、そこにゆく抜け道まで詳細にしめしたからである。

 

 「われわれは、第一次戦のときと同じ戦術を用いることにした。それは、まず敵をその堡砦戦のうしろから出てこさせ、ソビエト地区、つまり紅軍と人民の勢力圏の中におびきよせ、迅速な大迂回行動をとって、その背面を攻撃して壊滅する、という。最初に東固と吉安との間で、第二十八師団ほか二個師団をたたくことに決めた。われわれは、敵の堡砦線の後方の糧食弾薬の集積を必要としていたし、無電学校の連中は、第二十八師団の新式無電装備をほしがって、わいわいいっていた」

 

 1931年5月16日の夜、朱徳毛沢東は正規の紅軍と補助のパルチザン部隊に戦闘命令を出したのち、司令部を東固山岳地の要害にうつしたが、そこにはまた衛生部隊が、2つの後方基地病院を設営していた。民衆は、勝利を信じてうたがわず、何千という数のものが、さまざまな地点にあつまったが、あるものは、紅軍の負傷兵をはこぶための、ありとあらゆる形の担架を用意し、またあるものは、捕獲した敵の軍需品をはこぶために、かごと担い棒をたずさえてきていた。

 

 朱将軍は、農民の心の中に残っている古い封建意識については、包みかくすことなく、あからさまにかたった。農民は、敵の負傷兵も紅軍病院にはこび、味方と同じように扱えという彼の命令に服従することをこばんだ。大衆集会をひらいてみたが、朱は、近代戦争の法を説いてみてもむだだとわかった。農民たちは、敵の兵隊が、たとえ傷ついたとはいっても、相手を親切にあつかう、という理屈がわからなかった。どう考えても、奴らは、自分たちをこの世から追っぱらいにやってきたものだ。農民の心をいくらかでも動かす理屈があるとすれば、それはただ、敵といえども革命の味方に引き入れる、ということだったが、しかしその場合にも、彼らはいやな顔をし、中には腹を立てるものもいた。