Out of Far East

東アジアの文化歴史の個人的覚書

中国とチベットとの境界地帯に広がる大草原 『偉大なる道』第9巻④ー1

 あるとき、私は彭徳懐の司令部の人たちが長征のことを語り合っているのをきいた。そのうちのひとりがいいだした。

 

 「同志の道といえば、ぼくは君たちの誰が長征中にほくの針を盗んだか聞きたいね。今まで口に出さなかったけど、今だに針がないから思い出したよ」

 

 皆が笑った。そしてひとりが答えた――

 

 「君は多分君の針を村の娘にやったんだろ――君が物持ちだっていうことを証明するためにね。朱徳が紡いだり織ったりするのは見たことはあるけど、君が上衣のボタンをつけるのさえ、見たことないよ」

 

 「朱徳は西康ではかなり暇だったな」と針をなくした男が答えた。「われわれが大草原を抜けてきた当時は、ボタンのつけ甲斐のあるような物さえもってなかった。ねずみを食いだしたのは、あの頃だった。われわれはどこの村のねずみも一匹残らずたいらげたっけ。ひどい味だったけど、みんな食べたな。ぼくはこんなものを食う犬や猫が、かわいそうになったもんだ」

 

 もうひとりが話しだした――

 

 「ぼくは、大草原を抜け、敵の防衛戦をやぶって、甘粛に進出して、はじめて中国人の農民を見かけた時のことをよく覚えているよ。連中は、ぼくたちが正気を失ったと思ったらしいよ。何しろぼくたちは、家や土地をなでたり、連中を抱きかかえたり、踊ったり、歌ったり、泣いたりしたからね」

 

 大草原! 大草原! 大草原! だれもが大草原のことを語った。毛沢東のひきいる紅軍第一縦隊は、1935年9月、大草原を通過した。その1年後に朱徳将軍が、あとの紅軍をひきいて、その不気味な恐怖地帯を通った。

 

 大草原は、中国とチベットとの境界地帯に数百マイルにわたって広がっている広大な、道もない沼沢地だ。来る日も来る日も、紅軍が目にするものは、見わたすかぎり果てしない野草の大海原だった。草は深さ数フィートの黒ずんだ汚水がよどむ冷たい沼沢に生え茂っていて、草の巨大な株がごちゃごちゃに重なった古い枯れ株の上から生えていた。虫の音もせず、小石さえなかった。激しい夏の豪雨や厳冬の風雪の吹きとおる野草の果てしないひろがりのほかは、何ひとつない世界だった。空には暗灰色の重々しい雲が永遠にたれこめて、地上をうっとうしく陰気な黄泉の国に変えていた。