Out of Far East

東アジアの文化歴史の個人的覚書

柳田國男の『遠野物語』にふれて

f:id:fareast2040:20210104165948j:plain

 

ちょっとゆっくりできる冬がすぎて春になると、畑での作業も増えて、わずか数時間戸外ですごしただけで、自宅で回復するまでに時間がかかるようになってきた。

 

自宅ではごろんと横になってネットで情報を読んだり、耳元でラジオを聴く時間も増えてきた。

 

そんなときに偶然見つけた番組だった。


NHKラジオの聴き逃しコーナーから入って「カルチャーラジオ 文学の世界」に入っていくと“遠野物語”読みとくという題で民俗学者の方が初心者にもわかりやすく解説してくれていた。

 

はまってしまった。自分はこういうジャンルが好きなんだと気づいた。

 

柳田國男遠野物語という言葉は知っていたけれど、どういうものか接する機会がなかった。

アジアをキーワードにして知識を深めていた頃にも、日本列島の「うち」に興味関心を向ける機会がほとんどなかったからだと思う。

しかしアジア図書館にはこのあたりの蔵書も多いはず。

 

柳田國男は、歴史上「あったことをなかったことにすることはできない」という研究者としての態度や山の民、山びとへのやさしい語り口から人間性が高い人だと思う。

そしてはるか昔に後からやってきた民と先に住んでいた民との衝突や婚姻などを通じて日本列島に住む民の血に両者の血が混ざりあい、そしてその事実は日本列島に住む民の文化を豊かにしたと捉えている。

にわか知識を得た私の解釈ではこうなる。
多文化・多民族社会のあり方を考えるさきがけのような研究者だ。

このあたりに民俗学のロマンを感じた。

 

遠野物語は1910年(明治43年)に出版されたもの。

 

近代日本がアジアなどを巻き込んで領土拡大、戦争の道に入っていったころで、柳田の主張が微妙に表舞台では受け入れがたかったことは想像できる。

 

なお、番組は30分で現在第8回まで聴ける。

 

柳田國男と“遠野物語”」

「跋扈(ばっこ)する妖怪たち」

異世界の住人たち」

「動物たちの物語」

 

これから始まる「神々の来歴」「日本人とは何か」も楽しみだ。

「日本人とは何か」がクライマックスだろうか。

 

肩の力を抜いて、「単一民族国家論」云々を凌駕するような日本列島の歴史のロマンに触れてみるのもいいのではないかと思っている。