Out of Far East

東アジアの文化歴史の個人的覚書

戦争体験談の中できいた従軍慰安婦

ネットでまた従軍慰安婦という言葉が目に付いたので、ブログの引越し最中なので過去の文章を探し出して編集し直した。

 

従軍慰安婦について書かれた本を1冊も読んでいないし、こだわって詳しく調べたこともない。

なので、日韓のあいだで、今何が問題になって合意できないのはどうしてかということもわかっていない。

 

日本軍の戦地での従軍慰安婦はたしかに悲惨な状況の中で存在したととらえている。

 

若い頃働いていたアジア図書館ではアジア関連の書物に触れることが多かった。

ちょうどそのころ、メディアでも元従軍慰安婦の存在を取り上げていたと記憶している。

従軍慰安婦をキーワードにして、被抑圧者としての女をテーマに蔵書を一同に並べる企画もした。

さらに、アジア図書館では講演会も企画していたので、元将兵から戦争体験を生の声で聴くという貴重な機会もあった。

 

シベリア抑留を経験した元兵士だった人が、独身のものは慰安所のような所を利用している気配はあったが、自分は結婚して家族がいたので利用していないという内容を語っていたのを覚えている。

ただし、この場合は戦場が満洲中国東北部なので、慰安婦がどこの民族の出身かはわからない。

多分、現地の女性たちだと想像する。

 

ビルマ戦線にいた元将校だった人は、体験談の中では慰安婦については一切触れなかったが、会場で後片付けをしている私に近づいてきてちょっと立ち話になった。

つまり、戦地にいたときは慰安婦は「素人」の女性とは思っていなかったという内容を言葉を慎重に選びながら毅然と語り、さらに軽く頭を下げた。

メディアでとり上げられていた頃だったからだ。

この方は亡くなるまでアジアの留学生にかかわっておられた。

 

戦地(多分ビルマだったと思う)でKoreanが哀しいときに発する「アイゴー、アイゴー」という言葉で泣く慰安婦の声が戦後もずっと忘れられないという老兵の心境を綴った短歌が新聞に掲載されているのをどこかで読んだ。

 

ビルマ戦線について書かれた本で慰安婦が写っている写真を見たことがあるし、兵が撤退するとき自分たちは逃げれないと観念し、数人でかたまって地の上に横たわっていたという目撃証言を読んだこともある。

 

1990年代よりずっと前に、日本のYという男性が自分は済州島で数百人の若い女性を慰安婦として仕事の一環で「狩りだした」という内容を証言した。

広い会場の舞台上で、引っ張る手振りをしていたYさんの姿を遠目に見た記憶がある。

当時は衝撃的なものだった。

私もよく知らないまま、当時はそのまま受け入れがたい事実を受け流したと思う。

が、現在は矛盾点も多くその真偽は不明らしい。

 

これは私も現在の見識では事実とは思っていない。

Yさんは何か別の目的があったのだろう。

ひどい話しだ。

 

当時Yさんは三十前後と思われる青年ということで仲間もいたらしい。
戦地に行かなくてもよかったの? 
それと言葉が通じない。
言葉が通じなくても暴力は使えるけれど、どうかな……。
言葉が通じなくても直接人と人が接触する暴力が行えるのは、こういう状況下ではレイプ以外想像できない。
それと済州島というのもひっかかる。
土地勘がない人がやれるかな。

 

ニューギニア戦線の元将校の方の体験談を聴いたことがある。
フィリピンでは文芸作品を通じて兵士が飢えて人肉を食べたという事実は知られているが、その方はニューギニア戦線でもその事実はあったと証言していた。
但し自分は食べていないとはっきりいった。
実際食べていたら、こんなところで話すことなんか絶対できないと真顔でいっていたのが印象に残っている。

この方も亡くなるまでアジアの文化交流活動をされていた。

 

暴力で慰安婦を数人ではなく数百人という数を直接集めたと証言するYさんのパフォーマンスが大げさな感じがする。

 

従軍慰安婦だった女性Kさんの大雑把な経歴を見たけれど、正直いうとちょっと違うなという感想をもった。
もちろんレイプもふくめて悲惨な人生を経験してきたことは伝わってくる。

ちょっとこだわるまでは、KさんはYさんの証言に出てくるような女性だと思ってきたからだった。