Out of Far East

東アジアの文化歴史の個人的覚書

『偉大なる道』にまつわる言語いろいろ

f:id:fareast2040:20210210165800j:plain

中国が多言語国家であることに気づくまで、日本は日本語を母語にする人々の国であり、韓国は韓国語を母語にし、中国は中国語を母語にする人たちの国だと漠然と捉えていたように思う。

 

ところが、アジアのことをいろいろ知るようになって、学校教育を受けた中国人は、中国語とは別の地域ごとの言語を母語にしているバイリンガルであることを知ったときは、英語コンプレックスを持っていたこともあって驚いたものだった。

他の国では単なる方言にすぎないものを言語といってるのかな。

それと、地域ごとの言語がどれほどの違いがあるのだろうか。

これはいまだによくわからないままだ。

 

「日本語と沖縄の言葉を話せます」
「日本語と大阪の言葉がわかります。あと京都の言葉も少し」なんていう日本人はほとんどいないと思うので、単なる方言ではないことは理解している。

実際に、中国の漢民族でお互いの母語で話している人たちの会話は母語が違う人にはまったくわからないことは見聞で知っている。

日本のビジネスマンが、中国でのビジネスでは中国語だけでなくその地域の母語も理解できないとやりにくいと語るのを聞いたこともある。

個人的に同じように、九州のある地方で年配の女の人たちが早口でいわゆる世間話をしている場に居合わせたときに全く理解できなかった経験があるが、これとは質が違う感じがする。

方言と言語の違いにまで発展しそうでここまで。

 

やはり「日本語と英語が話せます」に等しい能力かな。

 

アジア図書館でむかし接した中国人は、中国語とは別にモンゴル語、Korean、客家語、広東語、台湾語などを母語にしていた。

話したことのある中国系フィリピン人はフィリピン語とは別に福建語がわかる、といっていた。
さすがに中国語は習得する機会はなかったと思うが、英語はできたはずだ。

インドも中国に似たような言語情況がある。

 

多少の違いはあっても同じアルファベットを使っているヨーロッパで考えてみれば、例えばドイツ人とスペイン人は互いの母語はまったくわからない。
フランス語と英語は別言語だ。

ヨーロッパと中国の領土はあまり変わらないように見えるので、中国で北方の言語と広東などの南方の言語が別言語と言われたら、納得できそうだ。

中国は、建国後本格的にそれぞれの地域の母語とは別に中国語という標準語を教育を通じて普及させたので、中国人どおしの意思疎通は困らない。

この事実は中国共産党の功績のひとつと私はみている。

これは一党だけで国を治めているのでやりやすかったこともあるし、悲惨な経験をへて、新しい国を創るということで官民の情熱をまとめ上げることでやれたと考えている。

ヨーロッパでもかつてのエスペラントという人工言語を普及させる運動があったけれど、無理な話でもなかったのかなと思ったりするが、平和な時代の個性豊かな国どおしの話し合いで達成できることではない。

とにかく、それぞれの地域の母語と共通言語を学習できる環境はいいものだと思っている。

 

話を戻すと、日本と韓国のような少数の国を除けば、アジアで少なくとも大学教育を受けた人たちは言語に関しては複数の言語理解者だ。

英語を「ご主人さまの言語」と捉える時代はもうとっくに終わっている。

 

英語学習の環境はひと昔前に比べると飛躍的に発展してきたが、まだまだ日本人が日本国内でバイリンガルに近いレベルにもっていくのはむずかしいと感じている。

因みに、日本でバイリンガルを育てている教育機関はKoreanとChineseの民族学校だと思う。あとInternational Schoolも?

好き嫌いがあると思うが、言語習得の面だけを考えたら、ユニークな教育環境にある。

もちろん日本語教育も時間数の配分はよく知らないがきちんとしている。

 

『偉大なる道』では朱徳は自らの言語環境についても語っていて、そこが多言語社会に生きる中国人らしいと思う。

朱徳の一族は、何代も前に南部の広東から移住してきた人たちで客家であった。
1886年生まれの朱徳は、自分たちの親の世代までは広東で使っていた客家語を使っていたが、朱徳の世代になって、客家語と四川の言葉を両方あやつれるようになった、という。

 

1916年生まれの作家ハン・スーインも四川省の生まれだが、伝記の中で客家語は自分たちの親の世代あたりで使われなくなった、と書いていた。
こういうことを語るところがなんとも中国らしい。

 

太平天国の乱の指導者や兵士たちは客家が多かったので、彼らの母語客家語だった。

広東出身の孫逸仙四川省出身の朱徳をはじめとする鄧小平や陳毅など有名無名の建国の功労者たちの多くは、客家語か四川語を母語とする人たちだった。

当然のことだが、湖南省出身の毛沢東四川省出身の同志たちが話している会話はわからなかったと推測できる。

なお、現在客家語の推定使用者は5500万人ほどらしく、客家を自称する人たちのおおよそ半分ぐらいになる。

広東など中国南部や台湾、海外の華僑たちの住む地域で残されていることが多いらしい。

 

あと、香港で話されることが多い広東語も独特の世界観をもっている。

 

アジアの言語のことを考えていると、迷路にはまったような感じになるのでここで終える。

 

『偉大なる道』では、朱徳の言語に関して言文一致運動の影響についても少しふれている。
朱徳科挙に合格した知識人として、中国の古典語である「文理」の読み書きができた。

1910年代あたりでこの「文理」を排除する言文一致運動が起こり、当時知識人であった若者の多くはこの影響を受けて、型にはまらないやさしい話し言葉を習得していった。


朱徳四川省で軍人として挫折の日々をおくっていて、この流れに加わることができず、ずっと後になって「文理」に代わる新たな言語を努力して獲得したと書いてある。

このことは朱徳のコンプレックスのひとつになっていたようだ。

 

一般的に、中国人は異なる言語が混在する環境に慣れているような気がする。

 

 

fareast2040.hatenablog.com

 

fareast2040.hatenablog.com

 

fareast2040.hatenablog.com

 

fareast2040.hatenablog.com