Out of Far East

東アジアの文化歴史の個人的覚書

『偉大なる道』にまつわる養子いろいろ

f:id:fareast2040:20210308103756j:plain

もう十数年前ごろにネットで、ハリウッドの俳優アンジェリーナ・ジョリーの離婚に関するニュースが流れているのを興味深くみた記憶がある。

有名人の離婚ニュース自体はありふれていてさほど気にもとめなかったけれど、彼女が実子以外にアジアの子どもを養子にしているという事実にはちょっと驚いた記憶がある。

 

とても若い頃の思い出だけれど、外国の空港の待合コーナーで、たまたまとなり合わせになったやさしそうな年配のご夫婦と雑談の後、一枚の写真を見せられたことがある。

アメリカの白人夫婦を取り囲むように何人かの子どもたちが立っている、よくある家族の記念写真だが、その中にあきらかに顔つきの違う子どもがひとり混じっていた。

その子を指差して、夫婦が韓国から迎えた養子だと自慢していたことを覚えている。

私の養子への感想を聞いて、ご夫人の方が悲しげな顔をして、日本でも韓国でも他人を養子にすることがほとんどないと語っていたことが印象に残っている。

今は時代の変化とともに養子の考え方も変わってきていると思う。

 

同じく数十年前に韓国に長く滞在していたカナダ人の宣教師夫妻と知り合いになり、実子以外に韓国から養子を迎えていることを知ったときも、当時は奇異に感じたものだった。

教養があり文化的に豊かな家庭を築いておられたけれど、決して経済的に豊かな家には見えなかったこともあった。

とくに夫人からはキリスト教への好印象を得た思い出が残っている。

 

養子であることの家族内の葛藤を描いたアメリカ映画を観たことがあるので、すべてうまくいくとは限らないと思うが、知識人層においては経済的な余裕だけでは語れない、キリスト教に根ざした懐の深い文化の違いを強烈に感じた。

 

儒教文化圏だった東アジアでは養子に関する意識は違ってくる。

 

朱徳も養子であった。

朱徳の家は、祖父母と息子たち夫婦とその子どもたちの三代で構成されていた。

 

「すべての農民家族と同じく、朱家とは、飢餓からまぬがれるためのきびしい重労働を目的として組織された経済的単位であった。」

 

家長である祖父のしっかり者の妻が家の内外の労働の割り振り、経済的管理すべての采配をふるって一家をまとめていた。

儒教社会での女性の地位の低さがよく語られるが、働き者の息子をたくさん産み育て、いいところへ嫁にやれる娘を育てた女性はやがて家族から敬意をもって扱われることは、一昔前の韓国社会を垣間見て感じてきた。

 

一方で、男子を産めなかった女は儒教社会では生きづらかったことは想像できる。
必ずしも女側の原因ではないが、何年も妊娠しなかった場合、一方的に女のせいにして婚姻を破棄されることが多い社会だった。

ただし、子が産めない女の不幸は聖書にも出てくるし、西洋社会でも似たようなものだったと思う。

 

朱徳の伯父は長男で将来家長になると期待されていたが、子がいなかった。
彼は、当時としては珍しく、そのことで妻を虐待することも追い払うこともしなかった。

そこで朱徳の両親である弟夫婦から三男である朱徳を固めの式によって養子にした。

 

「……一族は同じ屋根の下に住んでいるのだから、その新関係はすこしの変化ももたらさなかった。この養子縁組のおかげで、朱家の全息子のうちで彼ばかりが選ばれて、家を税吏その他の役人から守るために、教育を受けることになった。」

 

当時の社会ではこういう養子縁組は珍しいことではなかったはず。

むかし父方の一族の韓国の族譜(家系図のようなもの)を眺めていたとき、李氏朝鮮時代以前にこういう養子縁組の記載がよくあった。

どこから「出て」どこに「入る」という事実がわかる。
不妊夫婦は3親等の甥から養子にしたようだ。

 

儒教社会で男系男子で一族を維持していこうと思えば、最後の切り札として、こういう身内の養子縁組で問題を解決することが必要だったということだ。

この場合も必ず一族からの養子であり、たとえば朱家にどこか別の○家からの男子を養子にすることは当時は考えられないことだったと思う。

姓が男系血縁集団を表現しているからだ。

 

韓国では再婚した女性の前夫との間にできた子の姓を変えることは可能らしいが、今でも、子がない夫婦がまったくの他人を養子をすることは、極めて珍しいというかほとんどないと思う。

封建社会を否定した現在の中国はどうかわからない。

中国は多民族社会なので、とりあえず漢民族の慣習としてこのあたりのことを識者に訊いてみたい。


朝鮮戦争後発生した多くの孤児が海外の養父母に送られたのも、韓国社会に経済的余裕がなかっただけでは説明できない。

 

日本は中国や韓国とはまた違っている。

家制度を守るために、息子がいない場合は婿養子という制度を利用して世代を繋ぐことがあって、これは日本独特だと思う。

血縁に拘らないから家長の男子は誰でもいいことになる。

ただし例外もある。

江戸時代の徳川家の家系図を見ると、正妻+αの女性のおかげで一応男系男子で三百年つないできている。

天皇家も婿養子を認めてきていないところが共通している。

 

あまり詳しくないし、話が混乱してきたので、朱徳の時代に戻る。

周恩来は、革命途上で夫人が流産して以降、実子がなかった。

ふたりは孤児を何人か養子にして、慰みを得てきたようだが、そのひとりは朱徳雲南軍時代の親友でいっしょにフランス留学した孫炳文の娘だった。

孫炳文は革命途上で国民党軍に捕まり殺されるまで、周恩来の近くにいた人だった。
周恩来の養女になったこの女性は俳優志望というだけあって、目鼻立ちが整った人でひときわ目立つ人だ。
ところがどんな理由があったのかわからないが、文化大革命時代に悲惨な境遇で若くして亡くなっている。

 

作家ハン・スーインも子を産まなかったので、国民党軍の将校と結婚していたときに、身寄りのない女の子を養女にした。

この養女は映画「慕情」にも可愛い女の子として出てくる。

 

男系男子の血縁にこだわる慣習(Y染色体への信仰)は確実に少なくなってきているのが世界的な潮流だと思う。

 

fareast2040.hatenablog.com

 

 

fareast2040.hatenablog.com