Out of Far East

東アジアの文化歴史の個人的覚書

祖父の渡日事情ー今治市

祖父が日本で最初に働いたところは愛媛県今治市らしい。
肉体労働だったと聞いているが、どんな仕事だろう。
父は今でいう土木建設作業だろうと推測していた。

この地で朝鮮半島からの労働者を使わないとこなせない労働需要があったということか。

そのために手配師が募集するために慶尚南道の山間部まで来た。
一世の男子の聞き取りでも、「建設関係の土木作業」を口にする人は多かった。
では、当時今治市で生じた土木建設労働需要は何だったのだろう。

ネットで調べていると、今治市で発行された『今治港80年のあゆみ』という地域資料が今治市立図書館にあることがわかったので、近所の公共図書館を通じて借りることができた。

公共図書館で蔵書の貸し借りができるシステムのおかげで、その土地に行かずとも読みたい地域資料を借りることができた。

もう20年近く前の話しで今はもっと便利なシステムがあるかも知れない。

 

この資料によると、今治港の築港工事が、明治から大正・昭和にかけてさかんに行われたことが書いてあった。瀬戸内海をのぞむ今治港が飛躍的に発展していった時期だった。

1910年(明治43年) 今治尾道鉄道連絡船就航
1920年 (大正9年)  港湾修築第一期工事着手
1922年(大正11年)  今治港が四国唯一の開港場に指定される
1923年(大正12年)    第一期工事完成
       引き続き第二期工事が向かう9ヵ年継続事業として着工される
1934年(昭和9年)  第二期工事完成

祖父は大正15年生まれの父が生まれる前に、故郷を離れている。
私は今治港第二期工事に関係する土木建設作業現場で働いただろうと考えている。
そこでは祖父たちと同じような立場の朝鮮半島出身の男子が多くいたはずである。

祖父はそこでいろいろな情報を得ながら、しばらく慣れない肉体労働に耐えたのだろう。
祖父はまだ二十代前半の若者だった。

と、こういうことをネットでも調べていたときに、新たにわかったことがあった。
現在、四国各県の自治体が韓国の慶尚南道陜川郡と姉妹都市の関係を結んでいるケースがいくつかある。

理由の一つに陜川郡出身のKoreanをルーツにする人が多いということをあげていた。

人の流れがあったのだろう。

叔父の一人はこの今治市で生まれている。

祖父たちはその頃は九州各地の木賃宿を渡り歩く行商だったと聞いていたので、祖母が出産するために女手が期待できる今治市に戻り出産したと考えられている。

戸籍ではこの叔父も他の叔父や叔母もみな国東半島で生まれていることになっている。

国東半島に定住して落ち着いた頃に手続きをしたのだろう。

この叔父は「日本に行ったら、一度今治市は生まれたところなので行ってみたい」といっていたが、決して国東半島とは言わなかった。

15歳で帰国しているので、その地に置いてきたものが大きかったのではないかと想像した。

この叔父ももう亡くなって久しい。

親族の中で唯一日本語で会話ができた人で、遠い記憶を姪への手紙の中でも綴ってくれたおかげでいっそう「日本にいたときの暮らし」がイメージしやすくなったものだった。